top of page

インボイス制度導入について

来年10月に始まるインボイス制度をめぐり、

与党の税制調査会は小規模事業者などの

税負担を軽減する措置について検討に入っています。


その具体策を議論し、年末の税制改正大綱に盛り込む方針です。


***********

負担軽減措置の内容は?

***********


① 消費税の納税額を売買の際に受け取った消費税額の2割に抑える ※しかも3年間の時限措置


② 年間売上高が1億円以下の事業者は、

仕入れ額が1万円未満ならばインボイスを不要とする


※これも6年間の時限措置


***************

インボイス導入による税収増は?

***************


このインボイス制度により、

税収はどのくらい増加するのか?


財務省の試算では消費税の軽減税率の財源として

「約2,480億円程度」の税収増を見込んでいます。


農林水産業などを除く課税売上高1千万円以下の

免税事業者372万社のうち約161万社が

インボイス導入を機に課税事業者になるされています。


(第198回国会 財務金融委員会 第3号(平成31年2月26日)答弁より)


2480億円を161万社で割ると、

1社あたりの負担増は年間いくら?


約15万円です。


ざっくりとした計算例で示すと、


課税売上550万円、

課税仕入385万円、


で市消費税納税額15万円になります。


すなわち、

年間所得が165万円の事業者から、

15万円を徴税するという「増税」が

インボイス制度なんです。


**************

負担軽減措置①に対する私見

**************


「消費税の納税額を売買の際に受け取った消費税額の2割に抑える」

としてますが騙されてはいけません。


上記の計算例に当てはめると、

受け取った消費税50万円の2割ですから、

「10万円は納めろ」と言っているんです。


**************

負担軽減措置②に対する私見

**************


「年間売上高が1億円以下の事業者は、

仕入れ額が1万円未満ならばインボイスを不要とする」 としてますが、 「事務処理負担が激増する!」

「10万円の請求書を11枚に分割してもいいのか!?」

***

まとめ

***


何も対策しなければ単純に支出増ですので、

今後の税負担軽減措置を注意深く見ていく必要がありそうです。

Comments


AOBA APP AD space

その他の記事
bottom of page